0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 家を所有するなら知っておきたい災害保険の知識を解説

家を所有するなら知っておきたい災害保険の知識を解説

カテゴリ:不動産購入

家を所有するなら知っておきたい災害保険の知識を解説

日本では地震や台風、豪雨などの自然災害が頻発しており、日ごろから防災を意識する方も多いのではないでしょうか。
住宅の所有者は災害で被害を受けても補償で修復ができるように、災害保険について理解しておくことが重要です。
今回は住宅の購入を考える方に向けて、災害保険の補償範囲と必要性について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

火災から家を守る災害保険!火災保険の補償内容

災害保険は災害による建物や家財の損傷を補償する保険で、火災や水災を補償する「火災保険」と地震による被害を補償する「地震保険」に大きく分けられます。
火災保険は住宅購入でローンを組むときに通常加入するもので、家を購入する際には火災保険は必ず必要と考えて良いでしょう。
火災保険の補償範囲は、失火や落雷による火災、台風や突風による家屋の損壊、豪雪やひょうによる建物の損傷、豪雨や洪水による浸水などの被害などです。
自然災害の多い日本では、豪雨による河川の氾濫や台風被害のニュースをよく目にしますが、他人事と考えず自分事と捉えることが大切です。
火災保険では、地震が原因で発生した火災による被害は補償範囲外となるので注意しましょう。
大地震に備えて家を守りたい方は、火災保険と合わせて地震保険にも加入することをおすすめします。

大地震から家を守る災害保険!地震保険の補償内容

地震保険は単独で加入できず、火災保険とセットで入るタイプの保険です。
住宅購入時に火災保険と地震保険をセットで申し込みをするか、すでに火災保険に入っている会社に地震保険を申し込むことで加入できます。
地震保険の補償範囲は地震や津波、噴火による火災や建物の損壊、埋没や流出による被害が対象です。
事務所や倉庫など住居として使われない建物や自動車は補償範囲外で、地震で自動車が燃えたり破損したりしても補償金は支払われないので注意しましょう。

家の災害保険は入ったほうが良い?災害保険の必要性

地震保険を検討するとき、保険料を考えると躊躇する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
地震保険は火災保険とセットで加入しますが、付帯率は約7割で、過去に震災を経験した都道府県では8割を超える高い付帯率となっています。
被災した場合を考えると、住宅の再建にかかる費用は平均2,500万円にも及び、そのうち公的資金で賄えるのは義援金を含めても400万円ほどになります。
自然災害は決して他人事ではなく、もし自宅が被災したら自分の手持ち資金だけで家を建て直すのは容易ではありません。
住宅ローンの支払いが済んでいない方や余剰資金が少ない方は、万が一の災害に備えるためにも地震保険に入っておくと安心です。

まとめ

今回は家の購入を考える方へ災害保険について解説しました。
日本は自然災害が多いので、万が一被災した場合に家を再建できるかを想定し、必要な保険に加入しておくと安心です。
災害保険を検討する方は、ぜひこの記事を参考にしてください。
センチュリー21不動産情報センター弁天町店では、大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、さまざまな不動産情報を取り扱っております。

不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|「スマートハウス」の購入費用やメリットをご紹介!   記事一覧   住宅ローンの種類や返済方法の選び方とはどんなものがある?|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。