0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの種類や返済方法の選び方とはどんなものがある?

住宅ローンの種類や返済方法の選び方とはどんなものがある?

カテゴリ:不動産購入

住宅ローンの種類や返済方法の選び方とはどんなものがある?

不動産物件を購入する際、多くの方が組まれる住宅ローンにはいろいろな種類があります。
そこで今回、どんな種類があるのか、金利と返済方法の特徴を合わせて解説します。
ぜひ、家を建てたい方や購入したい方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの種類と金利の特徴と選び方とは?

家を購入する際のローンの種類は3つあります。
よく使われているフラット35と言われるものや金融機関などから借り入れをおこなう民間融資、県や自治体から独自に融資される公的融資があります。
これらは、それぞれに金利設定があり、ライフスタイルに合わせた選び方ができます。
ただし、フラット35は全期間固定型のみとなります。

住宅ローンの選び方!金利と返済方法のメリットとは?

家を購入する際のローンには、金利と言われる利息と元金をどれくらいの割合で返済するのかを決める返済方法があります。
利息の種類として3つあります。

●返済途中一定の利息で計算される全期間固定型
●3年や5年などの期間ごとに見直しされる固定期間選択型
●6か月ごとに見直しされる変動型


返済方法には、元金均等返済と元利均等返済があります。
元金均等返済は、返済時期に多く返済する方法であり、元利均等返済は一定額をコツコツ返済する方法です。
それから元金均等返済は、総支払額が少なく抑えられるというメリットがあります。
元利均等返済は利息が高いですが、毎月の返済計画ができるという点がメリットになります。

住宅ローンを夫婦で購入する場合の選び方とは?

ローンを組む際、単独で申し込みしようか、夫婦で共同名義にしようか迷われる方も多いでしょう。
夫婦でローンを組む種類は、ペアローン型と連帯債務型の2種類あります。
夫婦別々でローンを契約して、それぞれが自分の借り入れに対して返済していくものです。
家族全体としては住宅ローンを二本組むことになります。
二人とも自分のローンの主債務者になり、相手方の連帯保証人になります。
住宅ローン分の持ち分は、借入額の割合によって決まります。
連帯債務(収入合算)とは、住宅ローンは1本ですが、返済は二人でおこなっていくものです。
メインの方は主債務者、収入合算される方は連帯債務者となります。
住宅ローン分の持ち分は、住宅ローンの負担割合で決まります。

まとめ

住宅ローンの選び方はそれぞれのライフバランスや収支状態によって異なります。
住宅ローンの選び方は、将来の支出など、計画をおこない、返済できなくなるリスクを減らすことがポイントです。
センチュリー21不動産情報センター弁天町店では、大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、さまざまな不動産情報を取り扱っております。

不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|家を所有するなら知っておきたい災害保険の知識を解説   記事一覧   不動産を担保にするリバースモーゲージとは?メリット・デメリットを解説|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。