0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却でローン残債がある場合に知っておきたい売却方法

不動産売却でローン残債がある場合に知っておきたい売却方法

カテゴリ:不動産売却

不動産売却でローン残債がある場合に知っておきたい売却方法

ローンを組んで購入した不動産を売却するためには、「抵当権」を抹消する必要があります。
ローンを完済すれば抵当権を外してもらうことができますが、ローン残債がある場合に不動産を売却したい場合はどうなるのでしょうか。
今回は、ローン残債があっても不動産売却をできる方法についてご説明します。
また、注意すべき点についても解説しますので、ご参考になさってください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却でローン残債がある場合に問題となる抵当権とは

抵当権とは住宅ローンを申し込む際に、金融機関が融資をする代わりに不動産を担保にできる権利のことです。
ローンの返済が滞った場合に、金融機関が不動産を売却することができる権利ですので、ローンを完済すると抵当権は抹消されます。

ローン残債があっても不動産を売却する手順と方法

ローン残債があっても、不動産売却をすることは可能です。
売却をするための手順や方法について見ていきましょう。

ローン残債を調べる

不動産売却を検討する場合、最初に残高を調べることが必要です。
残債額は、金融機関から送られてくる残高証明書や、直接問い合わせをすることで調べることができます。

不動産の売却価格を調べる

不動産の売却価格は、不動産査定をすることでわかります。
インターネットや電話を利用した机上査定であれば、過去の取引例などを元に、おおまかな売却見込み価格を得ることができます。
細かい査定額を知りたい場合には、不動産や周辺環境を確認して査定をする訪問査定を依頼しましょう。

アンダーローンかオーバーローンか調べる

残債額と査定金額が分かれば、売却してローンを完済できるアンダーローンか、売却してもローンが残るオーバーローンかがわかります。
アンダーローンの場合は売却でローンを完済できるので、抵当権を抹消することができます。
オーバーローンの場合でも、金融機関の同意を得られれば任意売却という方法で売却が可能です。
また、今住んでいる家のローンを返済するために家を売却したいけれど、できればそのまま住み続けたいというケースがあります。
その場合は、リースバックという仕組みを利用して売却する方法もあります。
リースバックとは、家を売却した後、買い手と賃貸借契約を結ぶことで、もとの所有者は賃借人として同じ家に住み続けられる仕組みです。

まとめ

ローンの返済中は、不動産に抵当権が設定されています。
ローンの返済中に不動産売却を検討する場合は、ローンの残高と売却見込み価格を調べましょう。
アンダーローンかオーバーローンかによって、売却する方法が変わります。
ローン残債があるけれど不動産の売却を検討しているという方は、弊社までお気軽にご相談ください。
私たちセンチュリー21不動産情報センター は、不動産物件の売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地購入時に使えるローンとは?その流れをご紹介   記事一覧   ライフステージの変化で不動産売却?事例や手順をご紹介|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。