0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 木造の建物構造である物件を選んだ場合についてご紹介

木造の建物構造である物件を選んだ場合についてご紹介

カテゴリ:不動産購入

木造の建物構造である物件を選んだ場合についてご紹介

私たちにとって木造の建物は馴染み深いものです。
従来の日本家屋は、この建物構造により建てられることがほとんどでした。
なぜなら日本の夏は高温多湿のため、建物に木材を使用することで快適に過ごせるというメリットがあったからです。
ここでは、木造物件のメリットとデメリットについてまとめてみました。

弊社へのお問い合わせはこちら

木造の建物構造である物件を選んだ場合のメリット

この建物構造が選ばれる理由の一つに、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比較して費用が安いという点があげられます。
さらに、木造は梁がない分使えるスペースが広く取れるというメリットも生じるからです。
以前は耐久性の低さを懸念する声もありましたが、建築技術の進歩により木造の耐久性は向上し、これが大きな問題として取り上げられることも少なくなりました。
そして、木造は間取りやデザインに柔軟に対応できるという側面を持ちます。
自由な設計がしやすく、将来的にリフォームが必要になった場合でも、ほかの建物構造より間取りの可変性に優れています。
もう一点メリットをあげると、木材はコンクリートやアルミなどと比較して電波を通しやすいため通信環境の安定が期待できます。

木造の建物構造である物件を選んだ場合のデメリット

一方、防音性に欠けることがこの建物における最大のデメリットになります。
木材は通気性が良い分、音も通してしまい、これが嫌でこの建物構造を避ける方も少なくありません。
また、通気性の良さが保温性も低くしてしまうため、冷暖房費が多くかかるというのもデメリットになるでしょう。
価格が安いなどの理由で築古物件を選ぶと、木材が痛んでいることもあり建物の安全性が保てなくなるという現状も忘れてはいけません。
言い換えると、木材は腐る以外にも虫に食べられてしまう可能性があり、それにより耐久性に問題が生じるケースもあるということです。

木造の建物構造である物件がおすすめな方とは?

この物件をおすすめしたい方とは、費用を抑えて不動産購入を検討している方です。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比較して、材料費が安く工期も短く済むので全体の費用が抑えられるからです。
そして、通気性が良いのが木材の特徴なので、湿気が建物内に溜まるのを極力避けたい方は木造を選んだほうが快適に過ごせるでしょう。
昔から採用されている方法なので、日本の気候に適していることは間違いありません。

まとめ

日本では、従来木造の建物がほとんどを占めていました。
ほかの建物構造が選べる現代でも、費用の安さや通気性の良さから木造をあえて選ぶ方もいます。
一方メリットである通気性の良さがデメリットにつながり、防音性に欠けたり保温性が低いという性質もあるため、誰にでもおすすめな物件ではないので注意をしましょう。
私たちセンチュリー21不動産情報センター では、大阪市港区、此花区、大正区エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。
住宅ローンや相続などのお悩みもお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|永住権なしでも住宅ローンは組めるのか?可能にするための対策も解説!   記事一覧   ユニットハウスとは?購入する際のメリットとデメリットを解説|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。