0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 住み替えの資金計画の立て方は?ポイントや注意点を解説

住み替えの資金計画の立て方は?ポイントや注意点を解説

カテゴリ:不動産売却

住み替えの資金計画の立て方は?ポイントや注意点を解説

さまざまな事情で住み替えを検討する際、大切になるのが資金計画です。
とくに、住宅ローンがまだ残っている家の住み替えをする場合は、ローン残高だけでなく、おおよその不動産売却価格まで把握しておくことが重要になります。
今回は、住み替えをおこなう際の資金計画の立て方や注意点、確認しておくポイントなどを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住み替えで資金計画を立てるときに確認すべきお金とは?

住み替えをするために資金計画を立てる場合、まずは「住宅ローンの残債額」「おおよその不動産売却額」「住み替えに使える自己資金額」の3つを確認しておきましょう。
住み替えをするには、現在住んでいる物件を売却する必要がありますが、そのためには住宅ローンを完済しておく必要があります。
借り入れをしている金融機関に問い合わせ、正確な残高を把握しておきましょう。
残っているローンは基本的に住んでいる不動産を売却したお金でローンを完済します。
それでも足りなければ、住み替えに使える自己資金で賄わなければなりません。
そのため、この3つの金額をできるだけ正確に把握することがポイントです。

住み替えにおける資金計画のポイント

住み替えをする場合、自己資金や借り入れ金額にくわえて、住宅ローンの返済額で購入資金が変わってきます。
たとえば、今住んでいる家を売却した金額が住宅ローンの残債額を大きく上回っていたら、資金に余裕ができるでしょう。
逆に住宅ローンの残債額が大きく、不動産を売却した金額でも賄いきれない場合は資金に余裕がなくなります。
また、生活予備費も残しておかなければならないため、これらも考慮にいれたうえで資金計画を立てましょう。
住宅ローンが完済していれば新たに借り入れも可能ですが、限度額まで借りてしまうと後々返済がきつくなるので、余裕を持つことが重要です。

住み替えパターンで異なる資金計画の注意点とは?

住み替えのパターンには「売り先行」と「買い先行」があります。
「買い先行」とは、まず住み替えをする家を購入して引っ越したあとで現在住んでいる家を売却する方法です。
仮住まいを用意する必要がなく、気に入った物件があればすぐに購入できるのがメリットですが、資金に余裕が必要です。
また、予想していたより売却金額が低かった場合、資金計画が狂ってくることもあるでしょう。
「売り先行」とは、最初に住んでいる自宅を売却し、そのうえで新居を探して購入する方法です。
この方法だと、新居購入に使える資金がはっきりとわかるうえ、資金に余裕がなくても住み替えができます。
その一方で、仮住まいの費用や2回分の引っ越し費用などがかかるのがデメリットです。

まとめ

住み替えの資金計画は、住宅ローンの返済額や住んでいる家の売却額をできるだけ正確に求めると立てやすいでしょう。
また、あまり資金ぎりぎりの計画を立てず、余裕を持って組むことも重要です。
そうすれば、急な出費が出たり不動産売却の額が低かったりしても対応ができます。
私たちセンチュリー21不動産情報センター 弁天町店は、大阪市港区、大正区、此花区を中心に不動産物件の売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|一戸建ての外壁が汚れる理由は?掃除方法や塗り替えの目安もあわせて解説   記事一覧   袋小路とはどんな土地?家の売却価格への影響や売却方法について解説!|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。