0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 庭へのドッグランの設置はDIYでも可能!製作に役立つ基礎知識をご紹介

庭へのドッグランの設置はDIYでも可能!製作に役立つ基礎知識をご紹介

カテゴリ:リフォーム・リノベーション

庭へのドッグランの設置はDIYでも可能!製作に役立つ基礎知識をご紹介

一戸建ての庭の使い道は多く、ドッグランの設置も可能です。
しかもドッグランはDIYでも設置できるので、興味をお持ちの方は作り方のポイントをぜひご確認ください。
今回は、DIYで庭にドッグランを設置する際のフェンス選びと舗装材選びのポイントにくわえ、おすすめの設備もご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

DIYで庭にドッグランを設置!フェンス選びのポイント

ドッグランに欠かせないフェンスを選ぶにあたり、まずは犬が外に飛び出さないよう、柵の高さに注意が必要です。
適切な高さは犬種によって変わり、プードルやチワワなら最低でも60cm、ドーベルマンやゴールデンレトリバーなら最低でも150cmはほしいところです。
犬の体格や運動能力に応じて、適切な高さを判断してください。
フェンスの素材に関しては、耐久性の高さからアルミか樹脂がおすすめで、費用を抑えたいときは樹脂を選びましょう。
フェンスの形には縦型と横型、メッシュ型がありますが、ドッグランに向いているのは縦型かメッシュ型です。
横型のフェンスは、犬が柵に足をかけて飛び越えるおそれがあるため、避けたほうが無難です。

DIYで庭にドッグランを設置!舗装材選びのポイント

犬が思い切り走った際に足腰を痛めないよう、ドッグランは地面の素材にも配慮しなくてはなりません。
地面の舗装材は柔らかくてクッションになるものや滑りにくいものがおすすめで、具体的には天然芝や人工芝、ゴムチップなどが候補となります。
舗装材の選択は、各素材のメリットやデメリットをふまえて決めるのが基本です。
たとえば天然芝は見た目が美しいうえ、犬にとっても柔らかくて走りやすいのですが、メンテナンスには手間がかかります。
メンテナンスの手間を省きたいときは、作り物の芝である人工芝を選ぶのがおすすめです。

DIYで庭にドッグランを設ける際におすすめの設備

庭のドッグランに採用したいおすすめの設備は、まず犬用の水飲み場です。
水飲み場があると、犬が庭で遊び回る際にこまめに水分補給ができ、脱水症状を防げます。
遊び疲れた犬が適度に休憩できるよう、日よけスペースを用意するのもおすすめです。
椅子やテーブルもスペース内に並べておくと、休憩中の愛犬と一緒に飼い主もゆっくりとくつろげます。
さらに、ドッグランに足洗い場やシャワースペースを設けておくと、遊び終えた犬を家に入れる際、その場で犬の足や体を洗えて便利です。
このような設備もあわせて用意できないか、一度検討してみてください。

まとめ

一戸建ての庭にDIYでドッグランを設置する際、フェンス選びにあたっては柵の高さや素材などに注意が必要です。
地面の舗装材を決める際には、柔らかさや滑りにくさなどを考慮し、天然芝や人工芝などがおすすめです。
犬用の水飲み場や日よけスペースなども用意すると、より良いドッグランとなるでしょう。
私たちセンチュリー21不動産情報センター 弁天町店は、大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、住之江区南港を中心に不動産物件の売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店への問い合わせはこちら



≪ 前へ|実家じまいとは?その方法と事前に準備しておくべきことをご紹介   記事一覧   相続した空き家!管理方法や放置した際のデメリットを解説|次へ ≫

タグ一覧

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。