0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > ペット可物件への不動産投資!メリット・デメリットと注意点をご紹介

ペット可物件への不動産投資!メリット・デメリットと注意点をご紹介

カテゴリ:不動産購入

ペット可物件への不動産投資!メリット・デメリットと注意点をご紹介

近年ではペットブームといわれるほど、多くの方々がペットを飼育しています。
そのため、集合住宅の賃貸物件でもペット可であるものが増えてきているのです。
ここでは、ペット可の賃貸物件で不動産投資を成功させるために、需要やメリット、注意点をご紹介します。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店への問い合わせはこちら


ペット可物件への不動産投資!ペット可物件の需要

ペットの飼育意向が増えてきている理由は、若い年代の方々の未婚層が増えてきていることや、少子高齢化が挙げられます。
1人暮らしの寂しさを紛らわせたい、などの理由でペットを飼いたいと考えているのです。
また、近年新型コロナウイルスの感染拡大もペットの飼育意向の需要が増えた理由の1つです。
感染拡大を防ぐため、在宅で仕事をする「ステイホーム」がさまざまな企業で推奨されるようになりました。
そのため、自宅で過ごす時間を有意義にしたい方や、精神的な癒しを求めてペットの飼育意向の需要が増えたのです。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

ペット可物件への不動産投資!メリット・デメリット

不動産投資でペット可物件の大きなメリットは空室対策になることです。
現在ペットを飼育している方や、これからペットを飼育したい、と考えている方々をターゲットにすることでペット不可の物件と差別化することができます。
また、ペット可物件を希望する方々は、物件の立地や相場よりも家賃が高いことをあまり重視しません。
そのため、駅から遠いなど立地が悪い賃貸物件であっても、ペット可にして若干家賃を上げていても入居者が決まることがあります。
ペット可物件のデメリットはペットが床や壁に傷をつけることやにおいが付くことが考えられるため、原状回復費用が高くなってしまうことです。
敷金を増やすなどして対策をしておくことが重要です。
また、すでにほかの入居者がいる状態でペット可の物件に変更する場合は、トラブルになることが考えられます。
その場合は事前に入居者と十分話し合いをすることが重要です。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

ペット可物件への不動産投資!投資の際の注意点

ペット可物件の注意点は、原状回復条件を細かく設定しておくことが重要です。
前述したように、ペットがいると室内が破損する可能性が高くなるためです。
また、不動産投資する際に最初からペット可の物件にしておくと、その後のトラブルを防ぐことになります。
ペット可にする場合、飼育できるペットの種類や大きさなどを事前に決めておくと、トラブルや原状回復の問題を防ぐことが可能です。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

まとめ

ペット可物件の需要は増加傾向にあります。
空室対策になるなどのメリットがありますが、トラブルや原状回復などのデメリットもあることも考えておくことが重要です。
後々トラブルにならないように、原状回復条件を細かく設定したり、飼育するペットの種類や大きさなどを決めておくとよいでしょう。
私たちセンチュリー21不動産情報センター 弁天町店は、主に大阪市港区、此花区、大正区、西淀川区、西区、住之江区南港を中心とした不動産売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店への問い合わせはこちら



≪ 前へ|転職が住宅ローンに与える影響!申し込みや返済中の影響についてご紹介   記事一覧   リノベーション物件とは?購入するメリットと注意点をご紹介|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。