0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > セットバックとは?セットバックが必要な土地の条件や注意点をご紹介

セットバックとは?セットバックが必要な土地の条件や注意点をご紹介

カテゴリ:不動産購入

セットバックとは?セットバックが必要な土地の条件や注意点をご紹介

家を建てるにあたり土地の購入を考えている方のなかにはセットバックという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、意味がよくわからない方も多いと思います。
そこで本記事では、セットバックとはなにか、セットバックが必要な土地の条件や注意点をご紹介します。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店への問い合わせはこちら


土地のセットバックとは

セットバックとは、土地の境界線から一定の距離を確保し、建物を建てることです。
一定距離とは、建築基準法における道路を満たす必要があります。
この道路とは、原則幅員4m以上、指定がある場合は6m以上です。
建築基準法が規定された1950年以前の道路や土地の場合、基準を満たしていませんが、特例として使用が認められています。
道路の規定は、消防車が通過できる道幅や日当たりや風通しを良くするために決められました。
そのため、消防の観点から門扉やフェンスなどの設置ができません。
また、手続きをしなければ所有権は土地所有者のものになるため、利用権のみ制限があります。

▼この記事も読まれています
不動産購入におけるリノベーションの特徴とメリットをご紹介!

セットバックが必要な土地の条件について

セットバックが必要な土地の条件は2つあります。
1つ目は、建物が道路を挟んだ反対側にある場合です。
一般的に、道路の中心から2m以上後退する必要があります。
たとえば、土地の境界線が道路の中心から1mの場所に位置する場合、1mのセットバックをおこないます。
2つ目は、川・崖が道路を挟んだ反対側にある場合です。
この場合、反対側に道路を広げることができません。
よって、道路の中心からではなく川・崖から4m以上後退する必要があります。
たとえば、道幅が3mしかない場合、1mセットバックすることになります。

▼この記事も読まれています
マンション購入の際に知っておきたい!マンションの修繕積立金について解説

セットバックありの土地を購入するときの注意点について

購入するときの注意点を3つご紹介します。
1つ目は、工事費用です。
工事費用が25〜60万円かかります。
基本的には自己負担ですが、自治体によっては支払ってくれる場所もあります。
2つ目は、利用制限があることです。
所有権はありますが、セットバック部分に建物を建てることはできません。
よって、道路として提供しなければいけません。
3つ目は、固定資産税です。
セットバック部分も所有権があるため、固定資産税がかかります。
自動で免除されることはないため、非課税申請をするようにしましょう。

▼この記事も読まれています
二世帯住宅を購入するメリットとは?見逃せない節税効果も

まとめ

セットバックとは、土地の境界線から建築基準法法における一定の距離を確保し、建物を建てることです。
道路を挟む向かい側に建物もしくは崖・川によって、条件が異なります。
購入するときの注意点として、固定資産税の非課税申請を忘れないようにしましょう。
私たちセンチュリー21不動産情報センター 弁天町店は、主に大阪市港区、此花区、西淀川区、大正区

西区、住之江区南港を中心に不動産売買のサポートをおこなっております。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店への問い合わせはこちら



≪ 前へ|派遣社員が住宅ローンにとおりにくい理由とは?審査条件や通るコツもご紹介   記事一覧   朝潮橋駅周辺の不動産売却について|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。