0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 近隣トラブルのある不動産買取は告知義務が必要?売却リスクや方法を解説

近隣トラブルのある不動産買取は告知義務が必要?売却リスクや方法を解説

カテゴリ:不動産売却

近隣トラブルのある不動産買取は告知義務が必要?売却リスクや方法を解説

どんなに交通の便がよく環境が整っていても、ご近所さんとのお付き合いは住んでみないと分かりません。
隣人トラブルは精神的な苦痛を与えるだけでなく、生活の質を下げてしまう迷惑行為です。
本記事では、近隣トラブルがある不動産買取に告知義務があるのか、また、売却するさいのリスクやスムーズに売るための方法について解説します。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店への問い合わせはこちら


近隣トラブルのある不動産には告知義務がある

近隣トラブルや物件周辺に問題がある不動産売却は、環境的瑕疵がある物件として買主にその内容を告知する必要があります。
見た目では判断できない瑕疵については、当事者同士で大きな問題に発展してしまうことがよくあります。
精神的な苦痛を被る可能性があるなど、環境が不安で生活ができないような瑕疵は、告知せず売却してしまうと損害賠償請求の対象になります。
何をもって環境的瑕疵と判断するかは、人によって異なるので、気になる事例は告知しておくと安心です。

▼この記事も読まれています
ハウスメーカーの家はなぜ高く売却できる?重要視されるポイントも解説!

未解決な近隣トラブルがある不動産を売却するリスク

自分の理想の立地で気に入ったとしても、リスクがある物件を購入したいとは思わないでしょう。
環境的瑕疵は目に見えない欠点であるために、買主がトラブル内容をどれだけ許容できるかによって異なります。
売却価格ですが、通常の物件相場と比較すると買取額は低くなり、減額は覚悟する必要があるでしょう。
減額幅ですが、具体的に相場から何%減額と決めてしまうのは難しいです。
売却価格を減額したくない場合は、トラブルがあっても購入してくれる買主を探さなければいけません。
時間もかかり、新たなトラブルが発生するリスクを考えると、減額するのが妥当なケースもあります。

▼この記事も読まれています
駅遠中古マンションの売却は難しい?高値で売るためのポイントをご紹介

近隣トラブルのある物件を不動産買取でスムーズに売却する方法

トラブルが解決できれば問題はありませんが、多くの場合は周囲が関わらない・我慢してるのが現状です。
このような訳アリ物件は、買取業者に直接売却するのが一番良い方法でしょう。
売却は不動産会社が間に入っておこなうため、売主はトラブルの内容を買取業者に伝えるだけで告知義務はありません。
不動産仲介会社から買主に渡される「重要事項説明書」に、近隣トラブルの内容が記載されるので、どのようなトラブルかを正確に伝える必要があります。
あとは、担当者がどのように伝えるかで決まりますので、訳アリ物件にも慣れている買取業者に頼みましょう。

▼この記事も読まれています
古家付き土地は売却できる?メリットやデメリットをご紹介

まとめ

日常生活において、隣人や近隣住民とのトラブルは大きなストレスになります。
そのため、個人での不動産売却はリスクが高く、買主が見つからないケースが多いのです。
できるだけ問題が解決するようにしたいですが、無理なく売却したいのであれば買取業者に頼むのも検討してみてください。
大阪市の不動産売買はセンチュリー21不動産情報センターお任せください。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店への問い合わせはこちら



≪ 前へ|リフォーム済みの中古マンションを購入するメリットや注意点をご紹介!   記事一覧   秋の住替えフェア開催|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。