0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > マンションの外廊下と内廊下とは?メリットや向いている人を解説!

マンションの外廊下と内廊下とは?メリットや向いている人を解説!

カテゴリ:不動産購入

マンションの外廊下と内廊下とは?メリットや向いている人を解説!

マンションの外廊下・内廊下とはなにか、ご存じでしょうか。
それぞれにメリットやデメリットがあり、利用に向いている人の特徴も異なります。
今回は、マンションの外廊下・内廊下についての解説にくわえ、メリットとデメリットや向いている人の特徴を解説します。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店へのお問い合わせはこちら


マンションの外廊下と内廊下とは

マンションの外廊下と内廊下がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
外廊下とは廊下が外に面しているタイプの廊下で、廊下を歩くときは外気に触れます。
築年数が経つ物件のほとんどが、外廊下になっている傾向があります。
また外廊下は、基本的に建物内の各戸が同じ方向に並んでいるのが特徴です。
内廊下とは廊下がマンション内に設置されているタイプの廊下で、外気には触れません。
ホテルの廊下のようなイメージで、高層マンションによく採用される傾向があります。

▼この記事も読まれています
中古マンションのスケルトンリフォームとは?メリット・デメリットをご紹介

マンションの外廊下と内廊下のメリット・デメリットを比較

マンションの外廊下と内廊下にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
外廊下のメリットは、通気性が良好で換気がよく行き届く点です。
自然光の入りも良く、管理コストの節約が期待できます。
火災時に廊下から避難しやすい点も、マンション暮らしで安心できるメリットです。
しかし外気の影響を受けやすいデメリットがあり、季節ごとの温度差や害虫には注意が必要です。
また防犯面や騒音が気になりやすい点もデメリットになります。
一方の内廊下は高級感があり、防音性と防犯性に優れている点がメリットです。
気温の変化にも強く、快適な環境が保たれます。
ただし風通しや採光が良くないため、換気が悪く暗い印象になるデメリットがあります。
また外廊下よりコストが高めなので、管理費と修繕費に注意が必要です。

▼この記事も読まれています
空室対策にリフォームは必要か!?リフォームの方法と費用相場もご説明!

外廊下と内廊下の向いている人の特徴について

マンションの外廊下と内廊下、どちらが自分に向いているかを知ってマンション選びの際に役立てましょう。
外廊下は管理コストの安さを重要視したい方や、風通しがよく、自然の風を感じたい人に向いています。
また災害時の安全性を重視したい方にもおすすめです。
一方の内廊下は防犯性が高く、外気の影響を受けないので快適ですが、管理費がかかりやすいです。
そのため内廊下は、防犯性の高さや静けさを求める人、気候の変化に敏感な人に適しています。

▼この記事も読まれています
リフォーム済みの中古マンションを購入するメリットや注意点をご紹介!

まとめ

外廊下は開放感があり、通風や採光に優れていますが、防音性や防犯性が内廊下に比べ劣ります。
内廊下はプライバシーが保たれ、静かで安全ですが、管理費が高くなります。
マンション選びの際は廊下にも着目して、自身のライフスタイルや好みに合わせてみてはいかがでしょうか。
大阪市の不動産売買はセンチュリー21不動産情報センターにお任せください。

 弊社は特に、大阪市港区、大阪市大正区、大阪市此花区、大阪市西淀川区、大阪市西区、大阪市住之江区南港エリアを得意としています。
お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|不動産売却時の物件調査とは?物件調査の種類や流れを解説!   記事一覧   住宅ローンが残っている状態で貸すには?注意点をご紹介|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。