0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 土地の相続税を払えないときに融資を受ける方法!生前の対策もご紹介

土地の相続税を払えないときに融資を受ける方法!生前の対策もご紹介

カテゴリ:Q&A

土地の相続税を払えないときに融資を受ける方法!生前の対策もご紹介

相続を予定している方のなかには「相続税が払えないから融資を受ける方法を知りたい」と思う方がいるかもしれません。
相続財産に現物資産が多いと、相続税を払えない状況に陥ってしまう可能性があります。
この記事では、土地の相続税を払えないときに融資を受ける方法や、融資のメリット・デメリット、生前の対策をご紹介します。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店へのお問い合わせはこちら


土地の相続税を払えないときに融資を受ける方法

金融機関で融資を受けるためには、最初に銀行の窓口で相談する必要があります。
相続税の融資を受けるには土地や建物などの不動産を担保にする必要があるため、関連する書類も持っていくと良いでしょう。
また、保証人も設定しなければなりません。
あらかじめ、誰にお願いするのかを決めておく必要があります。
借り入れが可能かどうかの条件には「現在の借入額が限度額に達していないこと」なども含まれます。
自身の借り入れ状況を確認して、融資が可能かどうかを一度考えてみましょう。

▼この記事も読まれています
「固定資産税」のかからない土地を相続したら?

土地の相続税を支払う際に融資を受けるメリット・デメリット

金融機関からの融資を受けて相続税を支払うメリットには「利率」の低さがあります。
納税を待ってもらう「延納の利子税」よりも出費を抑えられるのであれば、融資を受けたほうが良いかもしれません。
しかし、デメリットもあります。
前述した担保や保証人が必要なうえに、相続税の支払いを目的に融資を受ける場合は、審査が厳しくなってしまうのです。
金融機関からの信用がなければ審査に落ちてしまうでしょう。
また、住宅ローンと比べて審査に時間がかかるため、税金の納付までに間に合わない可能性があります。

▼この記事も読まれています
袋小路とはどんな土地?家の売却価格への影響や売却方法について解説!

土地の相続税が払えなくなる前に生前の対策が必要

相続税を支払えなくなる原因は「現金不足」です。
そのため、相続が発生する前に現状把握しておくのは重要です。
財産の一覧を作り、合計でいくらの相続税がかかるのかを計算すると良いでしょう。
また、事前に遺言を残しておけば、相続発生時に誰が何を相続するのかが分かります。
生前に対策しておけば、特例の適用に利用できるだけでなく、相続人の負担を大きく軽減できるのです。
可能であれば、早い段階で現物財産の売却や贈与・移転を検討するようにしましょう。

▼この記事も読まれています
土地の擁壁工事とは何か?種類や費用について解説!

まとめ

土地の相続税が払えない際に金融機関の融資を受けるには、担保や保証人が必要です。
住宅ローンよりも審査が厳しく時間がかかりますが、延納の利子税よりは利率が低い特徴があります。
可能であれば生前に対策しておき、相続発生時の負担を減らすようにしておくと良いでしょう。
大阪市の不動産売買はセンチュリー21不動産情報センターにお任せください。

 センチュリー21不動産情報センターでは、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大阪市大正区、大阪市此花区、大阪市西淀川区、大阪市西区、大阪市住之江区南港を中心に、不動産売買のご相談を承っております。

 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みやお困りごとにも、全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|不動産売却時のバーチャルステージングとは?メリット・やり方をご紹介!   記事一覧   建売住宅で売れ残りの理由とは?売れ残りのメリット・注意点をご紹介!|次へ ≫

タグ一覧

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。