0120-155-021

営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日

大阪市の不動産売買|センチュリー21不動産情報センター > センチュリー21不動産情報センター 弁天町店のスタッフブログ記事一覧 > 2000万円でリフォームはどこまで可能?できることとできないことを解説

2000万円でリフォームはどこまで可能?できることとできないことを解説

カテゴリ:リフォーム・リノベーション

2000万円でリフォームはどこまで可能?できることとできないことを解説

近年は、古い家を大幅にリフォームして住むケースも増えています。
同じ予算でも、リフォーム物件のほうが条件の良い環境のところも豊富です。
今回は、予算2000万円でリフォームをおこなった場合どこまでリフォームが可能か、できること、できないことと共にご紹介します。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店へのお問い合わせはこちら


予算2000万円のリフォームでできることはどこまで?

予算が2000万円あれば、間取りの変更を含む内装の大幅リフォームが可能です。
築年数が経った物件は、現在主流となっている間取りと異なっており、使いにくさを感じる場合があります。
また、家を建てたときと家族構成が変わり、部屋が不要になったというケースもあるでしょう。
例えば、4LDKを3LDKの間取りにしたりDKをLDKにしたりして、現代風の使いやすい家にリフォームすれば、ぐっと暮らしやすくなるでしょう。
このほか、キッチンやトイレ・浴室などの設備の総取り替えなどもできます。
また、外装のフルリフォームも可能です。
外装は、家を風雨から守ってくれる大切な設備です。
築年数が経つほど、外装は劣化して家の寿命にも影響してきます。
外壁塗装、屋根塗装の塗り直しをはじめとして、外装を現代風に変えるリフォームも可能です。

▼この記事も読まれています
中古マンションのスケルトンリフォームとは?メリット・デメリットをご紹介

予算2000万円のリフォームでできないこととはどこまで?

予算2000万円では、25坪以上の一戸建て住宅のフルリフォームやスケルトンリフォームは難しいでしょう。
30坪、40坪の物件ならば2500万円以上の予算が必要です。
また、ブレースの取り付けや耐震パネルの設置といった耐震工事や断熱工事も予算2000万円では難しいでしょう。
ただし、すべての耐震工事や断熱工事が予算2000万円では無理とは限りません。
部分的な断熱工事や耐震工事が可能なケースもあります。
リフォーム会社や工務店とも相談してどこかまでできるのか、できないことは何かなど、相談してみましょう。
このほか、完全分離の二世帯住宅へのリフォームも2000万円では難しいでしょう。
完全分離の二世帯住宅はキッチンや浴室、トイレなども全て二世帯分必要です。
一戸建てを2つ造るようなものなので、もう少し予算がかかります。
なお、こちらも一部住宅設備を共有する二世帯住宅にするなど、工夫次第で予算2000万円で収まるケースもありますので、どこまでできるか相談してみましょう。

▼この記事も読まれています
リフォーム済みの中古マンションを購入するメリットや注意点をご紹介!

まとめ

予算2000万円をかけるリフォームは、できることも多いですが、できないこともあります。
どこまでできるかリフォーム工事の計画の段階で確認しておきましょう。
複数のリフォーム会社に相談し、できること、できないことを明確にすればリフォーム計画も立てやすくなります。
大阪市の不動産売買はセンチュリー21不動産情報センターにお任せください。


お客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

センチュリー21不動産情報センター 弁天町店へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|土地活用における建設協力金とは?オーナー・テナントのメリットをご紹介!   記事一覧   不動産売却における「空き家バンク」とは?メリット・利用の流れをご紹介!|次へ ≫

加藤 良一 最新記事



加藤 良一

私たちセンチュリー21不動産情報センター では、主に大阪ベイエリアの大阪市港区、大正区、此花区、西淀川区、西区、南港エリアを中心に、不動産の売買についてご相談を承っております。 住宅ローンや相続、任意売却、空家、借地、リフォーム、収益などのお悩みもお気軽にご相談ください。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る

センチュリー21の加盟店は、すべて独立 ・自営 です。